節分といえば鬼追いどんど・・・

節分の日になると、所々で煙が立っています。写真のとおり、枯れたごんぱちを焚きます。パンパンと音がなることで、鬼を寄せ付けないといういいつたえが、そして焚火の煙を浴びると無病息災になるといわれております。お酒飲みながら、燃えてる火をながめるのも気分が落ち着いてよいものです。この風習、旧清水町内でも、三田~清水~久野原エリアでしか行われてないそうです。貴重な風習です。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

© 2023 by NOMAD ON THE ROAD. Proudly created with Wix.com

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round